梅田・難波、大阪市の運転代行は代行西センターへ

難波のFM大阪、飲酒運転撲滅キャンペーンの募金2000万円超を寄付

難波のFM大阪、飲酒運転撲滅キャンペーンの募金2000万円超を寄付

難波地区にあるFM大阪(大阪市浪速区湊町1)は4月11日、同局が掲げる飲酒運転撲滅キャンペーン「SDD」の一環として集まった募金2,152万2,658円を交通遺児等育成基金に寄付した。

同局は2007年より、難波・梅田地区をはじめとする飲酒運転根絶の啓発キャンペーン活動「STOP!DRUNK DRIVING PROJECT」(SDD PROJECT)を実施。

5年目のプロジェクト展開中に集まった募金2,152万2,658円の贈呈セレモニーが難波周辺で行われた。そのイベントでFM大阪の田辺善仁社長から寄付金が交通遺児等育成基金の谷口隆司さんに手渡された。

 田辺社長は「飲酒運転はなくすことができると思うし、なくなるまで活動を続けていこうと思う」と話した。角社長は「5年間で確実に進化し認知も増えた。今後もさらに進化したプロジェクトに育ててほしい」と期待を寄せた。谷口さんは「交通事故で悲しい思いをする人が1人でも減ればという思いで頑張りたい」と話した。

 今回の募金は、半額が交通遺児等育成基金に、半額が同基金内に新たに設立されたSDD基金に寄付される。